毎日8時間は寝たい

30代独身OLが試行錯誤しながら資産運用を勉強していきます。毎日よく眠れることが大事。節約、美容、読んだ本や見た映画のことも。

TOEIC900点をとっちゃうぞ(1)

こんにちは。ジャスミンです。

ジャパセフさん(@japanese_safety)の米株クラスタTOEIC部に参加してます。

カギ垢なのでツイートが貼れないのですが、要はTOEIC受けて点数のばしていこう、

点数上がったらスクショで報告、切磋琢磨しましょうということです。

ほんとうは私、米株クラスタじゃないと思うんですが、投資信託に米株入っているから、許してほしい(^^;

 

英語を勉強しているきっかけと経過についてはこちら↓

 

jasmine-money.hatenablog.com

 

次回は6月受験予定です。

ちなみにジャスミンの現在の最高点数は820点です。

社会人になってから585→820まで持っていきました。

6月には900点以上取りたいと思っています。

そして私は、帰国子女でもなく、留学経験もなく、外資勤めでもありません。

株クラには900点以上がゴロゴロしているので、800点ぐらいでこういうことを書くのはおこがましいかなとも思ったんですが、独学で800点超まで行ったので、リアリティのある勉強方法をお届けできるかなと思います。

次のTOEICまでわたしがやっているTOEICを中心とした英語の勉強方法を書いていきます。

こういうこと書いている人はプロ(?)でもたくさんいると思うので、ただの一人のOLが書いているということで、ご参考まで。

前置きが長くなりましたが、今日はTOEICを解くときに当たって、気をつけていることをまとめました。うまくすればこれだけでも数十点上がるかも??

 

 

TOEICの問題構成

まずはTOEICを受けたことがない、受けたのが相当前であるという人のために

試験の構成をおさらいします。ちなみにそれぞれについて一言ずつ感想も。

 

〈リスニング〉45分

PART1  写真描写問題 6問 

写真に合致している描写を選ぶ。聞こえるか聞こえないか。たまに似た発音の単語で引っ掛けがある。難しいときと難しくないときの差が激しい気がする。

 

PART2  応答問題   25問 

一つの疑問文にどう答えるか、選択肢から選ぶ。イエスノーで答えていないものがほとんど。会議の資料は作りましたか?ーー忙しくてまだやっていないよ。みたいな。ジャスミンはこれが結構苦手。

 

PART3 会話問題    39問 

二人以上の会話を聞いて、問いが3問ほどあって、それぞれ選択肢から答えを選ぶ。状況を理解できればそう難しくないが、集中力が切れると一気に分からなくなる。

 

PART4 説明文問題   30問

ラジオ番組とかアナウンスとか一人の人間が話したことに対して問いが出されて、選択肢の中から答えを選ぶ。PART3と一緒で状況が理解できればあまり難しくないが、わからない単語に捉われたりすると全くついていけなくなることも。

 

〈リーディング〉75分

PART5  短文穴埋め問題 30問 

穴が空いているところにどの単語が入るか。文法を知っているかどうか。「副詞」を選ぶ問題とか「態」を問う問題など、定番が多くて勉強しやすいし点が取りやすい。

 

PART6 長文穴埋め問題  16問

長文の中の穴が空いているところに入るものを選ぶ。part5を勉強する流れで点が取れる。

 

PART7 1つの文書: 29問 複数の文書:25問

メールや記事などを読んで問題に答える。複数の文書の場合は、ホームページを読んで、◯◯を注文したけど間違ったものがきましたよ、それに対する会社からの返信のメールなんかが多い。問題の傾向があるので読むところは慣れれば絞れる感じ。

 

細かい内容は公式HPと公式問題集を見てね!

 

 

まずは時間配分が重要 

正直問題そのものは、時間さえあれば解けるものが多いという印象です。

ただし、その時間がない(笑)

なので、一番時間がかかるPART7にたくさん時間が割けるよう配分します。

リスニングはテープに沿って答えていくと、自動的に45分経つので、要はリーディングの時間配分をどうするかということになります。

目安こんな感じです。

 

PART5とPART6で20分 時計でいうと13時45分から14時5分まで

PART7で55分        時計でいうと14時5分から15時まで

 

PART5とPART6は20分で46問解くということなので、1問約25秒で解いていく感じ。一読して分からなかったら、適当にマークしてどんどん次へ。

PART7にたくさん時間が使えるようにしましょう。

 

PART3と4はDirectionsの間に問いと選択肢を読む

リスニングPART1と2は割と音が聞こえているかどうかなので、後から勉強する方がいいかな。

PART3と4はテープからDirections(この問題全体の主旨、You will hear a

question or statement~の部分)が流れている間に問いと選択肢を読みはじめます。

これで何について問われるかが事前に分かるのと、なんとなく話題がわかったりします。これで予測ができるので正答率が上がります。

それで実際に問題文が流れると問いが読まれる前にもう解けるので、さっさと解いて、終わったら次の問題の問いと選択肢を先んじて読む、というのを繰り返していく感じです。

 

PART6、7は問題文から題材を確認する

PART6と7は問題の冒頭にこのような文章が入ります。

 

Questions 147~148 refer to the following letter

 

このアンダーラインを引いて赤文字になっているところはadvertisement だったり、text message chat だったりarticleだったりします。

 

これによって、問題が広告なのか、記事なのか、それともチャットなのかがわかるので、そのつもりで読むと理解しやすいです。 

 

 

 PART6と7は第一パラグラフをしっかり読む

 

英語は最初に結論や重要事項を言うことが多いので、第一パラグラフ(章)をきっちり読むと、何について今から言おうとしているのかが分かります。つまり文章の主旨がわかるということです。

お礼なのか、謝罪なのか、クレームなのか、システム交換のお知らせなのか、だれかの引退パーティのお知らせなのか、これが分かるだけでも理解しやすいですし、これが何の目的の文章なのか、ということ自体が問題になっていることもあるので、1問解けることも。

 

 

勉強する順番

リスニングはリーディングより点数があがりやすいと言われているので、手っ取り早く点数をあげるなら、リスニングを先に勉強するのがいいでしょう。

そして上にも書いた通りPART3、4は解き方のコツで点数あげやすいと思うの。

リーティングならPART5、6が点数あげやすい。文法と語彙の問題なので、これを勉強するとPART7を解くに当たっての基礎力もつく。

というわけでPART3→PART4→PART5→ PART6→ PART7→ PART2→PART1の順番がおすすめ。

でも、PART3~PART6とかは同時進行で勉強できると思う。通勤の行きはリスニング、帰りは単語、みたいな感じとかね。そして休日に模擬テストをやる、と。

 

 

結局TOEICの問題集を何回もやることが近道

英語そのもののレベルを上げるのは時間がかかるのですが、TOEICの点数だけだったら、集中して勉強すれば数ヶ月〜半年で700〜800点は可能な気がします。

TOEIC独特の問題の出し方や引っ掛けの方法があるので慣れればコツが分かるし、単語もビジネスに偏っているので、下手に英語そのもののレベルを上げようとする勉強法だと、点数が上がるのに時間がかかったりします。

やっぱりTOEICの点数をあげたかったら公式が出している問題集や、TOEICの模試を何度もやって、解説をきちんと読み、理解する、というのを繰り返すのが、一番効率が良いと思います。

 

 

TOEICは英語の実力を保証するものではないが、それでも……

TOEICは点数が高くても英語の実力を証明するものではない、というのはよく聞く話です。そもそもネイティブや帰国子女にとっては簡単すぎるし、実力がなくても TOEICの点数だけなら取れてしまうからです。

それでも凡人の日本人にとっては、勉強すれば英単語の語彙が増えたり、文法を学び直せたりしますし、点数が高ければ(700以上くらい?)多少転職に有利になったり、社内での立場が有利になったりする、勉強する価値がなくはないものだと感じています。

TOEFLとかに比べると試験料も安いし、うまく目安にして英語学習の役に立てられるといいなと思います!

 

次回からは、TOEICの勉強もしつつ、英語そのものの実力をあげるために、

私がどんな勉強をしているかご紹介したいと思います。リスニングから行くよ〜!

 

今からタピオカミルクティーを飲む、ジャスミンでした。

 

 

 

 

 

 

オフ会〜ゆめかわ大阪の陣〜

こんにちは、ジャスミンです。

少し書くのが遅くなってしまいましたが、4月27日に大阪のオフ会に参加してきましたので、その記録です。

 

 

 

メンバー

 

SOSEKIさん(@kazkazkazuu)  ゆるふわリーマンの、よく生きるための投資術

ナディアさん(@Nadia_investor)  DREAM PORT!

TOMMYさん(@tommy1234__)  30代DINKSのリアル

miniさん(@mini4141)  miniの資産運用ダイアリー

たかハサウェイさん(@Thathaway9991)  一眼レフ撮影DSLR cameraチャンネル channels - YouTube

KAKAさん(@teamkaka10) teamKAKA'資産形成日記

ミスターマーケットさん(@mrmarket_japanミスターマーケットの日本米国株投資ブログ

ころすけさん(@alice_bana9ころすけのお金のお話

にゃんちゅーさん(@dEJIvogaq26eWnx)

 

そしてわたくし、ジャスミン(@money_ol)です。

 

経緯

以前、SOSEKIさんとTOMMYさんとminiさんに会いたいねという話をしていて、

その流れで「大阪行く?」とお誘いいただき、「行く行く〜٩(๑^o^๑)۶」

という軽いノリでオフ会参加が決まったのでした。

上記のメンバーの中で事前に面識があったのは ゆめかわいいSOSEKIさんだけだったので、ちょっとドキドキしていたのですが、みなさん暖かく迎えてくださいました。

 

当日

当日はお昼の部と夜の部に分かれており、私は夜からの参加でした。

大阪に関して私が思っているのは、なぜ新大阪と梅田は離れているのか。

(新幹線を降りてからもう一回電車に乗らなければならない)

梅田、と一言で言ってもなぜあんなに広いのか。方向音痴にはドキドキの広さです。まあ、新宿も似たようなものなんだけどさあ(^^;

 

さて、お昼の部(一次会)の様子は、KAKAさんとminiさんのブログに詳しく書かれております。

www.makers-teamkaka10.com

 

mini4141.hatenablog.com

 

ナディアさんはお昼の部でお帰りに。

とてもお会いしたかったので、またの機会にぜひ!

 

二次会

大阪の粉物屋をTOMMYさんとminiさんで予約してくださいました。

なぜか私、全く写真を撮っておらず、何一つ雰囲気がわからないと思うのですが、それは皆さんのブログで(^^;

 

私が一番最後に到着したのですが、予約された席に入ってすぐに、miniさんとTOMMYさんはわかった!

ツイッター上で、miniさんとTOMMYさんは美人、という噂はかねがね聞いており、リプのやりとりからも想像していた通りの美女二人でした。

あ、でもTOMMYさんはツイッター上では色々コラでいじられてる可愛い鹿さんですが、実物は綺麗系の美女でした。

miniさんは癒し系のふんわり美女です。miniさんがお母さんでお子さんは自慢だろうなあ。私の仕事の愚痴を聞かせてしまいすみませんでした汗(^^;

 

たかハサウェイさんは「女神降臨」という冴えない女の子がメイクによって美女になるという漫画を教えてくださいました。動画を編集されているということで、今回のオフ会の映像も撮ってくださっているので、そのうち見られるはず!

 

ミスマさんもアイコンにそっくりな陽気な人でした。ミスマさんと私には共通点があって、色々話せて面白かったです。

ジャスティン・ミスマ〜♪とはしゃいでいました(笑)ジャスミンジャスティン・ビーバーひっかけてるってことですよね?

え?それでよかった??

 

KAKAさんところすけさんとはあんまりたくさんお話できなかったんですが、お二人とも好青年でした。KAKAさんは包容力がありそうだった。一家の大黒柱感がある……。何気に畑の収穫物ツイート気にしてます。

ころすけさんは笑顔か素敵な爽やかな人だった!一次会から二次会に移動するときにちょっとだけお話しできたのですが、とても感じが良かったです。ちょっとツイートとイメージが違った?かも?w英語の記事も近々書くからね!

 

SOSEKIさんはいつもどおりでしたが、仲良しの人たちに囲まれてすごく楽しそうだった(笑)

 

三次会

 

三次会はSOSEKIさん行きつけのちょ〜おしゃれなカフェバーへ。

ここからにゃんちゅーさんも合流です。

にゃんちゅーさんもすっごく可愛らしい女性でした。ちょっと席が離れていたのであまりお話ができなかったのですが、ともかくすごい可愛かった。

関西ってなんなの?美女しかいないの?

SOSEKIさんはカレー食べてた。KAKAさんはティラミス食べてました。ティラミスはもう一個あったんだっけ?ともかく私も一口たべた。おいしかった!

 

KAKAさんのブログにも書かれていますが、ブログの締めのことばはどんなのがいいかという話題になり、SOSEKIさんが、miniさんに「ハニーフラッシュ!」で締めてほしいと提案し、ツイッター上ではああいういじりになっているわけです。

TOMMYさんには「諸行無常」を提案していたけど、クールにかわされていた(笑)

 

 

投資や資産運用に関わる話

 ・つみたてNISAってどうなの?

つみたてNISAは1年間に40万円の投資枠があって、20年運用することができ、そこででた利益に対しては非課税という制度です。一度使用した枠は、その商品を売却(解約)しても再利用することはできません。

例えば、40万円投資したのちに、5万円だけ売却したとして、その5万円分また投資できるのかというと、答えは否です。

もし運用期間の終盤で株価の暴落が起こると利益が想定よりも少なくなる、あるいは損が出てしまうかもしれません。

投資に慣れている人の場合、自分が思うタイミングで売買がしにくく、金額の縛りが煩わしく感じるられるかもという話が出ました。

まあでも、初心者だったら安易に売り買いしないようなシステムで少しずつやっていくのが妥当だと思うので、そう言った意味では損はないかなと私は思います。

 

・金を今のうちに買っておくべき?

金はそのうち上がるかもしれない?ってSOSEKIさんが言ってました。詳細は忘れた(笑) 

 

・配偶者とは同じ証券会社の口座を持たないと相続ができない

これはTOMMYさんがツイッター上でどなたかとお話しされていた件で、気になったので聞いてみました。配偶者(ほか、親など相続が必要になる親族)になにかあった場合に、証券口座の中身を相続するためには同じ会社の口座をもっていないとできないらしいです。ザクっというと名義変更→同じ証券会社の口座開設(持っていればそれを使う)→移管→自分で運用(現金化したいなら売却)

参考:

life.oricon.co.jp

www.shimin-souzokusodan.com

 

でもこれって、投資をしていない人にとってすごくハードルが高い気がしますよね。

何かあった場合にどうするべきか、ノートにまとめておいたりしておいた方がいいのかもしれません。(私に何かあったらここを開けて〜的な引き出しを作るとか??)

 

・EC業界の動向

Amazon、ZOZO、楽天の比較の話が出ました。

これはKAKAさんのブログに詳しく書かれています。私が分かったのは、楽天のファッションは伸びてきている、ということだけ(汗)

通販に関しては本当によく使うので、そういう日々の生活に密接なものに敏感でいることが投資のヒントにもなるのかな、なんて考えてました。 

 

雑感

大人になるとなかなか同じ目的を持った人との新しい出会いというのはないもので、こういったオフ会という機会は貴重だなと思いました。楽しく過ごせたことにもみなさんに感謝です。

私が初めてオフ会に参加したのは昨年末なんですが、勇気を持っていってみてよかったなと思います。これでネットで人に会うことに対する考え方変わりましたもん。

 

noborin10.hatenablog.com

 

もちろんネットでの出会いには気をつけないといけないこともあるとは思うのですが、こういう時代なのでSNSは活用していきたいなと思います。

 

ジャスミンでした!

 

 

 

 

 

リスク許容度を測るよ(3)ポートフォリオを決める

こんにちは、ジャスミンです。

 

二回にわたって、リスク許容度を測る記事を書きました。

jasmine-money.hatenablog.com

 

jasmine-money.hatenablog.com

 

今回はいよいよ具体的に投資するファンドを決めます。

前回決めたアセットアロケーションはこれです↓

 

f:id:jasmine_money:20190506164608p:plain

この外国株式にあたる部分のファンドを決めます。

この具体的な金融商品の組み合わせのことをポートフォリオ 、と言います。

Portfolioの本来の意味は「書類入れ」だそうです。いろんな書類がしきりに分けられて一つのバッグに入っているようなイメージでしょうか。

 

 

 

ファンドを選ぶポイント

 

散々いろんなところで言われている、インデックスファンドを選ぶときのポイントは以下の通りです。

 

・手数料がなるべく安いものを選ぶ

→株価の上下はコントロールできないが、コストは選べる(=コントロールできる)のでここはなるべく低く抑えることでリターンをあげるということです。

購入時手数料と信託報酬という二つのコストがあります。購入時手数料は「ノーロード」といってかからないものが増えているので、その中から選ぶのがいいかな。

信託報酬は最近のものは本当に安くなっているので、もはや0.01%の違いの争いですw 明確な根拠はないですが、0.2%以下だったら、好みで選んでもいいんじゃないかな?

 

・純資産額は30億円以上のものを選ぶ。できれば100億円あってほしい。

あまりにローコストな上に純資産額が少ない場合、繰上償還(続けられなくなって運用が中断する)の可能性があります。すると長期運用が結果的に中断することになります。

一般的に100億円以上あると安心らしいんですが、インデックスファンドは新しいものが多いため、30億円以上くらいで手を打つのがいいのかなと。

 

・資金の流出入

投資信託を買う人がいれば解約する人もいるわけで、流出の方が多い状態が続いていけばもちろん純資産額は減っていきます→繰上償還の危険性が出てくる?

なので、買う前に流出入額の推移を見ておきましょう。

 

選んだのはこちら

その前に前提として、つみたてNISAと企業型確定拠出年金の制度を使います。

つみたてNISAは年間40万円、企業型確定拠出年金は年間33万円の枠が使えます。

それぞれ、一つずつ外国株式のインデックスファンドを選びます。

確定拠出年金の方はあまり詳しく書くと会社がバレるかもしれない?らしいので、

外国株式のインデックスファンドを選んだ、とだけ書いておきますね。

 

三菱UFJ国際投信が運用する

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

です。

・販売手数料:なし

・信託報酬:0.1728%

・純資産額:170.39億円

 

S&P500というのはS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数です。

ニューヨーク証券取引所NYSE American 、NASDAQに上場している銘柄のうち代表的な500銘柄の株価を選び、それをもとに算出される時価総額加重平均型株価指数です。

つまりだいたい、アメリカの株式市場、ってことです。

それをベンチマークとしたインデックスファンドですね。

 

実はその前は

eMAXIS Slim  全世界株式(オールカントリー)

・販売手数料:なし

・信託報酬:0.15336%

・純資産額:32.85億円

を積み立てていたんですが、6月の引き落とし分から変更することにしました。

 

なぜ米国株式なのか

ここまでくると正直どちらでもいいとは思いますし、オールカントリーは全世界の株に分散投資しているわけで、むしろ米国株式に集中すると分散にならないんじゃないの?

と思われる方もいるかと思います。

なぜ米国株式なのかということは、また別の記事で詳しくやりたいと思うのですが、簡単に言うと

 

・米国の人口構成は若い世代が多く、人口がこの先も増加していく

→経済が成長する

 

・全世界の株式市場の5割が米国株式

→経済力が強い

 

・米国市場は他の国々の株高にも影響する

→他の国に分散投資する意味がそんなにないのでは?

 

eMAXIS Slimオールカントリーの組入比率のトップ10は全てアメリカの企業

→え、やっぱり全世界株は結局アメリカなのでは?

 

といったような理由で、経済的に強く、今後も伸びる可能性が高い、他国にも大きな影響がある米国株式に投資しておくのが効率がいいんじゃないの、という理由です。

 

 

現状のポートフォリオが決まりました

そんなわけで、つみたてNISAと企業型確定拠出年金にそれぞれ一つずつファンドを選び、その結果のポートフォリオはこんな感じです。

つみたてNISA 月額33333円(年額40万円) 

企業型確定拠出年金 月額27500円(年額33万円)

現金(貯金) 月額約61000円(年額約73万円)厳密ではないが全体の約半分

ボーナス時の貯金はとりあえず生活防衛金として別に取っておいて、新しい投資がしたくなったら使います。 

f:id:jasmine_money:20190512150309p:plain
で、本当はそれぞれのファンドにリスクとリターンがあるので、それを組み合わせて、

このポートフォリオのかなり正確に近いリスクとリターンを出したかったのですが、

やり方がわからない(笑)

分析ツールもアセットごとの分析はあるけど、具体的な金融商品を入れた分析ツールは見当たらない。現金も含めるというのもあまりない。

どこかにそういうのあるのかなあ、それともエクセルで自分でやるしかないのかな。

この状態でも、大体はわかっているのでまあいいといえばいいのだけど……。

 

というわけで、次回以降は「オフ会」「筋トレ」「英語」「美容」あたりを挟みつつ、興味がある資産運用についてまとめていければ、という感じです。

 

美味しいコーヒーと焼き鳥が食べたいジャスミンでした。

 

 

 

リスク許容度を測るよ(2)アセットアロケーションを決める

こんにちは、ジャスミンです。令和初めてのブログです。

そして連休最終日です。明日からの仕事が嫌で泣いてます。

前回の記事でリスクとリターンのイメージについて説明しました。

 

jasmine-money.hatenablog.com

 

今回はリスク許容度の範囲に収まるアセットアロケーションを探します。

アセットアロケーションというのはasset=資産 allocation=配分、つまり資産をどの種類にどのくらい割り当てるかを決めることです。

リターンの9割はアセットアロケーションが決めている、とよく言うくらいなので、大変重要なものです。

資産の種類にはいろいろあって、まず現金、それから株、投資信託、債券、REIT、金、不動産、などです。そしてそういう資産の種類のことをアセットクラス(資産クラス)といいます。

 

それでですね、リスク許容度に収まるアセットアロケーションを考えるって超むずかしくないですか?

え?よくわかんない、ほんと。

結局何かしら組んでリスクをだしてみて、これはだめ、これはいい、ってやるしかないような気がするのですが……良いやり方をご存知の方がいたら教えていただきたいです(TT)。

今回は、書籍やサイトなどからモデルのアセアロ(ここから略す)をいくつか選び、リスクとリターンを計算し、耐えれるか耐えられないか、でやってみます。

 

 

その前に最低限どのくらいの現金をもっておくか

アセアロを作る前に、日々の生活費とは別に、絶対に減らしたくない現金は投資しないで持っておくべきですよね。

基本的には緊急事態にそなえるためです。

だれにでも起こりそうなこととしては「災害」「病気」「怪我」あたりでしょうか。

ほかには「失業」「身内の病気やけが」などの急な出費も考えられます。

それからライフプランや年齢も関係してきます。

お子さんがいて教育資金として必要な分、マイホームの頭金とローン、若くてそもそもの資産があまりない、逆に資産を取り崩していくフェーズなので大きいリスクをとりたくないなどなど……

さらに「気持ちの余裕分」ですよね。

こういうのひっくるめたお金を、よくでてくる「生活防衛金」と言い換えてもいいかもしれません。

生活防衛金は、月の生活費3か月分とか、半年分とか2年分とかいろいろ言われています。

わたしは独身で両親も元気にしており老後の資産もちゃんと考えているらしいので、とりあえず自分のことだけ考えて大丈夫なようです。

そうすると正直3か月ぶんくらいでよくない?と思ってしまうんだよね……

働けないぐらい長期療養が必要な病気や怪我だったら、どうせ投資信託解約する時間があるだろうし、災害でインフラが戻るまでの生活費というなら、銀行預金ですら意味がなくて、たんす預金が一番安全だけど、、現実的ではないような……

 

ただ、この間初めてやったクロス取引のときに、実感として200万くらいは現金必要だなと思いました。クロス取引は最終的には必要なのは実質コスト(取引手数料と貸株料など)だけなんですが、一時的に現金が必要なんです。

だから、生活費3ヶ月以上そしてクロス取引用というのを合わせて考え、200万は最低確保!ということにします。

リスク分散としての現金のこともありますが、それは次回にでも。

 

アセアロを決める

ここからアセアロを決めます。

色々本やネットを漁って、おそらく初心者向けと思われるアセアロを6つ用意しました。そしてそれぞれのリスクとリターンをツールを使って計算しました。素人丸出しの円グラフで恐縮ですが、そのうちこなれてくると思います…。

 

[前提条件]

生活防衛金としての現金は組み入れない。リスク分散のための現金は入れる。

インデックス投資に回す金額は、月額つみたてNISAが約33333円、企業型DCが27500円、計60833円 計算が細かくなるので端数を切って60000円とします。

・運用期間は20年。(正確にいうとDCは25年だけど)

・それを各資産配分でmyINDEXで計算する。※myINDEXは資産配分を入れると過去実績を計算してくれるので、それによって今後の運用結果をだいたい予測できるという感じです。資産配分分析ツールはファンドの海もオススメです。今回myINDEXにしたのは、ファンドの海にはREITがないからです。

では参ります。

 

(1)モーニングスターのリスク許容度診断

「リスク許容度」で検索して出てきたのが、モーニングスターのリスク許容度診断。

モーニングスター [ 投資スタイル診断 ]

この質問に答えていって、結果がこれです。これは私の場合ね。

積極的に高い運用利回りを目指す積極型、らしい。

f:id:jasmine_money:20190506001242p:plain

平均リターン:6% リスク:14.5%

 耐えられない

 

(2)株式:債券=1:1(四資産均等型)

よくバランスファンドなどで見る形です。資産クラスが分散されている(他のアセアロもだけど)、均等に分けているので資産クラスごとに銘柄を買うなら、リバランスをかんがえやすいのかなと。

f:id:jasmine_money:20190506002117p:plain

平均リターン:4.1% リスク:9.7% 

 耐えられる

 

(3)100ー年齢が株式、残りは債券

しょっちゅう出てくる有名なやつです。多分元はボーグルの自分の年齢と同じ率を債券に回す、というところから来ているんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか。

ジャスミンは30代半ばなので仮に65%を株式、35%を債券とします。

そしてそれぞれを国内と海外で半分ずつとします。

 

f:id:jasmine_money:20190506163234p:plain
 

平均リターン:4.2% リスク:11.7%

 耐えられる

 

(4)世界市場ポートフォリオ

世界市場ポートフォリオというのは世界の株式市場を時価総額と同じ配分で買うというものです。平たくいえば、世界を丸ごと買っちゃえば、分散もできるし平均的なリターンを得られるんじゃないかってことですね。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスが世界市場をポートフォリオを表していますし、世界各国のPER・PBR・時価総額 (毎月更新) - myINDEXからも確認できます。概算で国内株式:先進国株式:新興国株式=1:8:1くらいです。

f:id:jasmine_money:20190506131112p:plain

平均リターン:5.5% リスク:18.3%

 耐えられない

 

(5)GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の比率

 年金なので、HPでも言っている通り、「安全かつ効率的な運用」をしていると踏んで、その配分をそのまま真似するということです。これ結局、株式と債券が半々なので(2)によく似てますね。

f:id:jasmine_money:20190506015134p:plain

平均リターン:3.9% リスク:9%

 耐えられる

 

(6)最近よく見る外国株:現金=1:1

最近、ブログとかでよく見るものです。全世界株式(日本も含む)のインデックスファンドが登場して、もう株はそれでいいじゃん、債券の金利低いからいらないじゃん、現金でいいじゃん、のシンプルアセロケです。

f:id:jasmine_money:20190506164608p:plain

平均リターン:3.1% リスク:9.3%

 耐えられる

雑感

(1)(4)は耐えられない。それ以外は耐えられる。

やっぱり株の配分が多いとリスクが大きくなるなあといった感じ。

GPIFは確かにリスク低めの運用をしてる!

世界市場ポートフォリオはこのままだとリスクが高いけど、債券を組み合わせれば、リスク抑えられそう。

リターンが一番大きいのは(1)なんだけど、REIT単独のインデックスファンドってつみたてNISAにあるのだろうか??

ないとするとバランスファンドってことになるんだけど、手数料が高めなのと、現状の資産配分がわかりにくいので、どうかなあ。

そして債券も必要かな?と思いました。外国債券は為替リスクがある上に利回りも低く、国内債券も利回りが低いので、それだったらいっそ、現金の方が流動性もあるし売買手数料もかからないし、債券の部分は現金で良いのでは、と。

で、日本株式です。日本株もこの後の日本経済の成長を考えると入れなくてもいいのかなと。

ということで(6)にします。基本はそれで、場合によっては(3)の株式比率を100−年齢を採用して外国株を65%までは持っても良いということにしよかな。

 

ちょっと強引に持って行きましたが、 次回は外国株式の部分をどんなインデックスファンドにするかという話(ポートフォリオ、、って言っても一つの銘柄だけなのですが)になります。

 

明日から仕事は嫌だよ〜のジャスミンでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

デメリットを計算してみた〜確定拠出年金・応用編(1)〜

こんばんは、ジャスミンです。

年1回の企業型確定拠出年金の金額変更時期が迫ってきました。

私の会社は選択制確定拠出年金を採用しているので、自分で掛金を拠出しています。

ということは、その分課税される所得が減るので、将来の年金額等に影響があるはずなんです。掛金の額を決めるにあたってそれは考慮しないといけません。

そういうわけで、アセアロ決めてからやるのが本当は筋なんですが、急ぎなので、こちらを先にやります。

 

 

企業型には三種類ある

1月のエントリーで確定拠出年金制度自体をざ〜っくりと説明しました。

 

jasmine-money.hatenablog.com

 

この中で確定拠出年金は大きく企業型と個人型(ideco)に分かれると書きました。

その中でも企業型には大きく三種類あります。

以下ポイントをまとめました。

 

ちなみに全てのタイプに言えることは

・口座開設・維持の費用が企業持ち

・拠出額には上限がある→ほかに企業年金がある場合:月額27500円 企業年金がない場合:月額55000円

・運用益は非課税

・運用によって将来もらえる金額が違ってくる

・受け取り時に税制優遇がある(一時金なら退職所得控除、年金なら公的年金等控除)

・60歳まで引き出せない

 

(1)通常の企業型

・企業が掛金を出し、運用は従業員

・企業が出す掛金は損金計上することで給与ではなくなるので、企業側が社会保険料を減らせるというメリットがある

・全員加入が原則

 

 (2)マッチング拠出

・企業が掛金を拠出するが、従業員が上乗せして掛金を出せる

・おそらく全員加入が原則

・従業員の拠出額は会社の拠出額を超えてはいけない

・会社の拠出額+従業員の拠出額が掛金の拠出限度額を超えてはいけない

・従業員の拠出額は全額所得控除、つまり社会保険料が減る

社会保険料が減るので、将来の年金の受取額、退職金、傷病手当金、出産手当金、失業保険が減るデメリットがある

・会社も社会保険料を減らせる。

 

(3)選択制確定拠出年金

・従業員が任意で掛金を給料から拠出する。会社は掛金を出さない

・加入するかどうか選択できる。しない場合は給与として普通に受け取る

・従業員の社会保険料も減るが、会社も社会保険料を減らせるメリットがある

社会保険料が減るので、将来の年金の受取額、退職金、傷病手当金、出産手当金、失業保険が減るデメリットがある

 

実は、四つ目があるのですが、それは企業型と個人型(ideco)を併用するパターンです。

これはidecoの応用編の時にまた改めて!

 

選択制確定拠出年金のデメリットを実際に計算してみる

冒頭に書いたように弊社では選択制確定拠出年金を選んでおり、私としては掛金をあげたいのだけど、どのくらいデメリットがあるのか知りたいのです。

なので実際にシミュレーションしてみます。

 

〈前提条件〉

・弊社の場合、月額27500円が限度額で、8月分よりその金額に変更。

・それまでは掛金1万円だったが一年半ほどの運用なので今回は無視する。

・なので、今年度から月額27500円にして、25年運用するものとする。

・掛金は賞与から引かれる。

所得税は10%。

・住民税は10%。

社会保険料率は約14%

 

〈デメリットまとめ〉

※金額は小さいだろうけどマッチング拠出も同じデメリットがあると考えられる。

①見かけの所得が減るため、近々退職を予定している場合、退職金が減る(退職前直近6ヶ月の給与をベースに計算されるから)

②同じく見かけの所得が減ることで健康保険の等級が下がる→傷病手当が減る

③やはり同じく所得が減ることで、出産手当金が減る。その後の育児休業給付も。

④所得が減ることで厚生年金額も減る→老齢厚生年金も減る

 

ところが①〜③までについては賞与から掛金をまとめて出している場合は影響しません。

なので詳しくは割愛します。

 

問題は④です。

おおよその減額分は下記の計算式で求められます。

 

月額掛金×5.481÷1000×確定拠出年金掛金拠出月数

 

この5.481÷1000という数字は老齢厚生年金額を計算する時に使う数字なのですが、

掛金ぶんだけ所得が減るということで、この計算式になっています。

 

実際に計算すると

27500×5.481÷1000×(12ヶ月×25年=300ヶ月)=45218.25

これは1年間の減額分なので、65歳から25年間年金をもらうとすると

45218×25=1130450

25年間で約113万450円、年金が減額される、ということです。

 

では、掛金を拠出している間の所得税、住民税、社会保険料の減額というメリットと比較すると、どうでしょう。計算式は以下の通りです 

{(月額掛金×所得税率)+(月額掛金×住民税率)+(月額掛金×社会保険料率)}×確定拠出年金拠出月数

 

つまり

(27500×10%+27500×10%+27500×14%)×300ヶ月=2805000

約280万5000円、所得税、住民税、社会保険料が減額される。

 

つまり、年金が113万450円減っても、トータルでは167万4550円は得することになります。

 

参考サイト・文献

 

zhizuchangle.hatenablog.com

president.jp

 

確定拠出年金は受け取り時に課税される

これは選択制企業型に限らないことですが、いろんな方が書いている通り、確定拠出年金(企業型も個人型も)は非課税なのではなく、課税を繰り延べているだけ、とも言えます。

たしかに運用中は運用益に対して非課税なのですが、受け取り時に税制優遇がある、、、ということは、つまり課税されるということです。

 

税制優遇は、一時金として一気に受け取る場合は退職所得控除、年金として少しずつ受け取る場合は公的年金等控除を受けられます。

 

弊社では退職金制度もあるため、退職金は退職所得控除、確定拠出年金公的年金等控除を使って、課税額を最低限に抑えられるのではないかと思っています。

受け取り時の控除のあり方は、企業型と個人型は同じはずなので、個人型の時にまた詳しく説明します!

 

でも、転職する可能性もあるので、転職先に確定拠出年金の制度があるかどうか、どういう制度にしているか、によって全く予測が違ってきてしまうので、もうよくわからないです(笑)

意外とうまく使うのが難しい制度かもしれないですね。将来の控除の制度がどうかもわからないですし。

 

そんなこんなを考え合わせて、それでもとりあえずはメリットがあると考え、

掛金を27500円にアップすることにしました。この一年で考えが変わるようだったらまた来年金額については考えたいと思います。

 

今回のポイントは

・従業員から(つまり自分)の掛金を拠出しているなら、今の所得税・住民税・保険料が減るのと引き換えに将来の年金額、諸々の手当等も減る可能性を認識しておくべき

・運用益は非課税だが、受け取り時に控除はあるものの課税される。

 

以上です(^^)

 

銘柄をなんにしたかはまた別の記事にて。ジャスミンでした。

 

 

ポイ活まとめ

おはようございます、ジャスミンです。

平成が終わっちゃうよ〜〜〜

 

さてポイ活にはまっています。

ポイ活とはポイント活動、つまり買い物や食事をするときにクレジットカードやポイントカード、電子マネー等でポイントを貯めて実質得しようという活動であります。

昨今のキャッシュレスブームであらゆる電子マネーが登場し、一番得する方法をツイートしたりブログでまとめられたりする方も多いですよね。

 

私も色々調べたり、試したりして、一番ライフスタイルに合っている方法を模索中です。

以下自分用のメモなんだけど、こうすると一番得する、というわけではなくて自分として無理ない感じを目指してます。ハマるととことんやっちゃうんだけどね。

メモだから表ではなくて見にくくてごめん〜

 

 

私の使っているカード・電子マネーまとめ

 

楽天カード 100円の使用につき1ポイント。1ポイント=1円として使えるので還元率1%。

色々なサービスを使うことによって楽天市場での買い物についてはポイント還元15倍まで増やせる。いろんなキャンペーンでもポイントを増やせる。貯めたポイントは楽天市場での買い物、楽天Payでの支払い、楽天Edyへのチャージ、楽天証券でのポイント投資などに使えます。

使える〜! 

 

ちなみに楽天Payは0.5%還元、支払いを楽天カードにすることで1.5%還元。コード決済あり。楽天ポイント充当可。期間限定ポイントも使える。

 

ルミネカード ルミネでの買い物なら常に5%オフ。年に数回10%オフの時も。

アプリと連携して「マイル」(いわゆるマイルじゃなくてルミネのマイル)を貯めてお買い物券と交換できる。

 

kyash  年会費、手数料なし。常に2%還元。コード決済なし。

アルカードは1回につき5万円の使用が限度額(チャージ自体も5万円までしかできない)。バーチャルカードは3万円。チャージカードに楽天カードを設定すると実質3%還元になるぞ。バーチャルカードでもECサイトでの決済には使えるから、設定してもいいかも

 

Line Pay  年会費、手数料なし。コード決済あり。リアルカードあり。マイカラー別に還元率が違ってくる。グリーン:2% ブルー:1% レッド:0.8% ホワイト:0.5% これに、コード支払いなら3%上乗せされる。マイカラーは前月の使用額で決定。

チャージ限度額:本人確認済みで100万円まで。よく20%還元キャンペーンをやっている。今も!4月30日まで↓

linepay.line.me

 

PayPay

 年会費、手数料なし。0.5%還元。コード決済あり。リアルカードなし。クレジット、銀行口座、yahooマネーでチャージ。たまに最大20%還元などの大きなキャンペーンをやる。今も!↓

paypay.ne.jp

経由でポイント稼ぎ系

LINEポイント LINEポイントは様々な方法で貯められるんだけど、溜まったポイントは1ポイント1円でLiINE Pay にチャージできる他、LINE系の他のサービスにも使える。私はLINEモバイルなので、使用料の支払いに使っています。

 

LINE ショッピング Amazon楽天ほか、ここを経由するとLINEポイントがつく。Amazon 0.5% 楽天1%

 

Rakuten Rebats  これを経由して他社ECサイトで買い物するとたくさん還元されるぞ〜還元率はそのサイト次第です。

 

ホットペッパービューティー 美容院やネイルサロン等、美容関係のお店をここから予約すると値段に応じてPontaポイントたまります。お会計にも使える。

 

OZmall   ハロー、OL御用達のオズモール!ホテル、レストラン、リラクゼーション、美容クリニック、なんでもここから予約できちゃう。溜まったOZポイントはここから予約したお店の支払いに充当できるよ。

 

美容医療の口コミ広場 前にも紹介したけど、美容皮膚科、脱毛、矯正等、いわゆる美容医療系をここから予約するとポイントがもらえて、さらに現金化もしくは他のポイントと交換できます。

 

クレジット機能なしで貯めてるポイント

Pontaポイント でべそのたぬきがトレードマーク。主にローソンで貯めてる。あとホットペッパービューティーで貯めてる。

Tポイント 個人情報提供のニュース以来、何かと叩かれがち。コンタクトのアイシティ、ドトールくらい?かな、貯めてるのは。あとファミマ。(あれ撤退するんだっけ?)

 

やってないけどこれはどうなんだ

Suica  あまり還元という意味ではお得はなさそうだけど、ただただ便利だと思う。使えないところはほとんどないし、タクシーもクレジットだと時間かかるけど、Suicaなら一瞬。Apple Payに入れたいんだけどPhone古い(T T)

 

Origami Pay コード決済。リアルカードなし。Origami Payが他の電子マネーに何が優っているかちょっとよくわからない。割引クーポンかな?チャージにクレジットカード繋げられる。多分使わない。

 

メルペイ iDかコード決済。メルカリの売り上げを街中の決済に使えるというもの。銀行口座からのチャージもできる。これもiPhone古い問題で今のところ無理なんだけど、メルカリの売り上げ使えるのはありがたい!

 

だいたい今の方針

・固定費、ECサイト、食事、街中の買い物系は楽天カード

Amazonは一番使うサイトなのでkyash やLinePayを決済に使おうかな。悩み中。

・ルミネでの買い物ならルミネカード

・携帯代はLINEモバイルLINEポイントを充当して支払い(月額で充当できる上限あり)

・コンビニ、薬局、日用品などはLinePayかkyash たまに楽天Pay

(キャンペーン次第でこの辺は流動的に)

・電化製品はキャンペーン次第でPaypPayを検討

・何か予約したり口座開いたりするときはなるべくポイントをもらえるサイトを経由

 

 忘れちゃいけないのは使わなきゃ減らない

 還元率やポイント貯めてお得というのにつられて買う前に、そもそも本当にそれ必要?っていうのはちゃんと考えたい(笑)

ポイントつくからお得だしいいや、っていうのでは本末転倒なので……

そもそもの家計簿も定期的に見直したいと思うジャスミンなのでした。

 

 

 

 

リスク許容度を測るよ(1)

 

こんばんは、ジャスミンです。

 

もう四月も半ばだなんて……。

しばらくブログを書いていないうちに新年号は「令和」に決まり、5年後にはお札が新しくなるということが分かりました。

時代は移りゆくね。

 

 

リスク許容度とは?

さて今日はリスク許容度を知ろうという回です。

前回までで、インデックス投資をすると決めた、というところまで行きました。

本当は投資商品を決める前にリスク許容度というのを知っておいたほうがいいらしいんですよ、奥さん。

 

それではリスク許容度って何なのでしょうか。

 

簡単に言うと、「許容」というくらいなので

どのくらいの損失を受け入れることができるか、その度合いのことです。

これは具体的な金額だったり、割合だったりします。

 

 

自分が受け入れられる損失の度合いを知っておくと、その範囲内での投資ができる=つまり投資のありようをある程度コントロールできます。

心の準備がないままにものすごい損失が出ると、普通に超ショック、らしい。

これはどうもすごく威力があるらしく、ブロークンハートして投資できなくなっちゃうよ、ってことみたい。物理的にお金も無くなるしね。

 

そして、リスク許容度がわかったら、許容の範囲内でアセットアロケーション(資産配分)を決め、ポートフォリオ金融商品の組み合わせ)を決めるというのが、セオリー通りの流れのようです。

 

ではポートフォリオまで想定して、最終的に「受け入れられる損失の度合い」はどのようにして求めるのか。

自分の総資産から具体的な金額が減った場合を想像してみるとか、アセットアロケーションを何か指標になるもの(たとえばGPIFのアセアロとか)をモデルにしてリスクを出してみるとか、いろいろあるとは思うのですが、今日はその前にそもそもの「リスク」の意味をまとめます。

 

そもそもリスクって?

まず、「リスク」という言葉の定義ですが、

投資信託協会のHPでは

「結果が不確実であること」

と言っています。

また日本証券業協会のHPでは、もっと詳しく

「リターンの不確実性の度合い」

といっています。

「ばらつき」「変動」

ともいうよね。

 

よく振り子にたとえられるのですが、静止している状態から、右に向かって触れる幅(利益)と同じ分の幅だけ左(損失)にも触れる、と行ったイメージです。

 

言い換えれば、リスクの大きさというのはどれだけ損するか、という意味ではなくて、どのくらい値動きに幅があるかという事なんです。

なので損する可能性のことだけではなく、利益を出せる可能性のことも同時に指します。振れ幅が大きいのはいわゆるハイリスクハイリターンってこと。

 

 

振り子のイメージこんなのです↓

f:id:jasmine_money:20190324185644j:plain

All aboutマネーより(https://allabout.co.jp/gm/gc/438923/

 

 

それで、その振れ幅の大きさのことを統計学的に標準偏差と言います。 

ここは頑張ってわかりやすく説明しようと思ったんだけど、無理だった(笑)。

なので、定義そのままに説明しました。

  

例えば今、楽天証券で一番買われてる投資信託って、

楽天・全米株式インデックスファンドなのね。

で、現在(2019.4.5更新)リスク(標準偏差)は19.14%、年率平均リターンが13.93%なの。

その場合、振り子が静止している状態が年率平均リターンで、その年率平均リターンから±19.14%以内に68.3%の確率で収まる。

これが標準偏差です。ちょ、ややこしいね。(しかも上に貼っている図とリスクとリターンが違うから、わかりにくくて申し訳ない)

つまり、−5.21%〜33.07%のリターンになる確率が68.3%ってことなのです。

約70%でこうなる、と。70%ってちょっと微妙ですよね。

 

そういうわけで、その倍の振り幅だとリスクは±38.28%以内になる。

これは95.5%の確率で-24.35~52.21%のリターン内に収まるんですね。

これが標準偏差

 

もう少し広く考えたいなら、同じ理屈でリスク3倍に考えます。99.7%の確率で±57.42%以内、つまり-43.49~71.35に収まる。

これが標準偏差

 

大体普通は90%以上の確率だったらいっか〜と言うことで標準偏差の範囲内をリスク許容度として考える投資本とかネット情報が多い気がします。

ただここは考え方なので、安全をとって3標準偏差までとる人がいてもいいのかなとは思います。 

 

個人的には、この場合の2標準偏差って結構大きいなと思いました。

楽天・全米株式インデックスファンドに例えば100万円投資したら、

一年後に概算で152万くらいになっているかもしれないし、76万くらいになっているかもしれないってことでしょ〜。

や、まあ…大丈夫な気もするなあ。

 

それで、これはこの投資信託1本でやる場合しか考えていないわけだから、普通は値動きの違う債券とかを組みあわせてリスクを分散させるわけです。

 

インデックス投資をするときに読むべき本

今回の記事はいろんな本やサイトを参考にして書いたのですが、やはりその中でも水瀬ケンイチさんの『お金は寝かせて増やしなさい」は読んでおくべきだなと思いました。

 

 

インデックス投資を始めた当初は未読だったのでやみくもに人気のファンドを買っていたのですが、先に読んでいたらなと思います。

心構えから、リスク許容度の測り方、銘柄の選び方、出口戦略まで、これ1冊でわかるので。

 

てなわけで、次回はいろんな考え方やツールで自分のリスク許容度を計ってみるよ。

ジャスミンでした。